不動産売却における残置物のトラブル例とは?売却方法もご紹介

不動産売却における残置物のトラブル例とは?売却方法もご紹介

不動産売却をおこなう際にはさまざまな悩みが出てくるかと思います。
そのなかでも、残置物についての悩みは多く見られるものです。
本記事では残置物のトラブル例と残置物がある不動産の売却方法について解説します。
残置物がある不動産を売却したい方はぜひご確認ください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における残置物とは

まず、残置物(ざんちぶつ)とは、前に住んでいた人が退去後も残してしまっている物のことを指します。
そのため、みなさんが引き渡し時に何らかの物を残していると残置物ありの不動産となるのです。
残置物でよくある例としては、エアコン、照明、ガスコンロなどがあります。
残置物は不動産会社に仲介を依頼した契約であれば売り手が、不動産会社との直接的な売買であれば不動産会社が処理をするのが通例です。
残置物を何らかの理由で残す方は、トラブル例と手間なく売る方法をしっかりと確認しておきましょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

残置物によるトラブル例

残置物は買い手がそのまま利用することでメリットになることもありますが、逆にデメリットになった例も多くあります。
トラブルとして多いものは事前に伝えていた残置物が引き渡し時にない、性能が悪く買い手が処分しなければならないなどです。
まず、事前に伝えていた残置物をうっかり持っていってしまうと、買い手からは虚偽の報告をされたことになりますよね。
そのため、持って行ってしまった物を購入する必要がでてきたり、場合によっては契約破棄の話がでてくることもあるのです。
また、性能が悪いことで買い手が処分をする必要性がでてくると、処分費用は誰が負担するのかといったトラブルが出てくる可能性もあります。
残置物はトラブルになり得るものであるため、できるだけ残さないほうが好ましいです。
買い手のためと考えて残す方もいますが、基本的には残置物を残さないといった意識を持っておきましょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

残置物がある不動産を売る方法

どうしても残置物がある状態で売却をしなければならない場合もあるかと思います。
そのような場合は不動産会社による「買取」がおすすめです。
買取とは不動産会社に直接売る方法であり、残置物を処理する必要がなくなるので手間と費用を省くことができます。
また、買取では残置物を把握したうえで買い取るのでトラブルになりにくいです。
残置物がある不動産を売却するときには不動産会社による買取を進めていきましょう。
また、買取での売却は以下のようなメリットもあります。

  • 現金化までが早い
  • 周囲に売却の情報が伝わらない
  • 契約不適合責任(契約内容と適合しない場合の補償責任)がない

買取は不動産会社に直接売却する方法であるため、このようなメリットがでてきます。
残置物がある状態で売却したい方や、上記メリットを活かしたい方は買取をご検討ください。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

残置物のある不動産売却は買取を依頼することでスムーズにトラブルなく進めることができます。
まずはお気軽に弊社に買取の旨をお伝えください。
新潟市中央区や東区で不動産売却をご検討中でしたら、私たち「新潟空き家110番」にお任せください。
買い手が付かないのでは、と売却に踏み切れない不動産のご相談も承っております。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120726039

営業時間
8:00~18:00
定休日
年中無休

関連記事

売却査定

お問い合わせ