にいがたの不動産 不動産売却の2種類の査定方法の違いとは?

不動産売却の2種類の査定方法の違いとは?

この記事のハイライト
●不動産売却の査定には、「机上査定」と「訪問査定」の2種類がある
●不動産売却前に相場観を把握することが大切
●売却と購入の依頼は、同じ不動産会社に依頼するべき

不動産を売却しようと考えたとき、この不動産がいくらで売却できるのかを知る必要があります。
しかし、自分の不動産がいくらになるのか見当もつかないという方も多いのではないでしょうか。
所有している不動産の売却想定価格を知っておくことで、いざというときの資産として安心することもできますし、相続に備えることもできます。
この記事では不動産売却金額を知るためにおこなう査定について、査定方法の違いや査定依頼のポイントを解説していきます。
新潟市中央区や新潟市東区で不動産売却をご検討中の方はこの記事を参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における2種類の査定方法の違いとは

不動産売却における2種類の査定方法の違いとは

不動産売却の初めのステップとして大切なのは、どのくらいで自分の不動産が売却できるのかを把握することです。
売却金額を把握するために、まずは不動産会社に査定を依頼しましょう。
この査定には、「机上査定」と「訪問査定」の2種類の査定方法があります。
2つの査定方法の違いと売却方法の違いについて解説していきます。

机上査定とは

机上査定とは、不動産の公的データに基づいて売却金額を計算する方法です。
一般的には、謄本や図面、周辺の販売事例を参考に数値を算出します。
この査定のメリットは、査定金額を算出するスピードが早いということです。
謄本や周辺の事例は、不動産会社自ら取得することができますので、不動産の所在地さえわかればある程度の査定金額を出すことができます。
ただし、査定スピードが早いのがメリットですが、デメリットもあります。
あくまで机上査定ですので、日当たりや騒音などの周辺環境や、該当不動産の実際の状況などを反映させた査定はできません。
そのため、不動産を売却しようかどうか検討している段階で価格を知りたい方におすすめの査定方法です。

訪問査定とは

訪問査定とは、机上査定で得たデータと、実際に現地を訪問して得たデータから売却金額を算出する査定方法です。
現地を確認することで、周辺環境や修繕の有無など、設備の状況も踏まえた査定金額を算出することができ、実際の取引価格に近い金額を知ることができるのがメリットです。
ただし不動産の状況によっては、机上査定よりも低い査定金額が提示されることもあります。
デメリットとしては、訪問の段取りや細かい確認をするため、査定金額を出すまでに時間と手間がかかる点です。
しかし、精度の高い査定金額を知ることができるため、不動産売却を具体的に進めていきたい場合に向いている査定方法です。

売却と買取の違いとは

査定をして売り出し価格が分かったら売却活動に入りますが、売却方法には、「売却」と「買取」という方法で売り出すことができます。
売却とは、査定額を参考に実際に市場に売りに出すことです。
市場価格で売りに出すことができますが、いつ売却が完了するかは予想しづらい点があります。
対して、買取とは、不動産会社が直接売主から不動産を買い取る方法で、修繕などの手を加えて再度市場に売りに出すことによって利益を生み出します。
不動産会社が手を加えた後に市場に出すため、通常の売却よりも価格が2~3割ほど下がってしまいますが、不動産会社が買主となることで確実に売却することができます。
相続の関係や引越しの関係で売却しないといけない期限がある場合や、市場ではなかなか売れなさそうな不動産を売却する際は、買取が有効です。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の査定前に自分で相場を調べる方法

不動産売却の査定前に自分で相場を調べる方法

不動産売却をする際には査定をするのが一般的ではありますが、自分で相場を調べる方法もあります。
自分で価格相場を調べることで、相場とかけ離れた価格で売却をして失敗しないようにできます。
ここでは、自分で価格相場を調べる方法をご紹介します。

レインズ・マーケット・インフォメーション

国土交通大臣指定の不動産流通機構が運営している不動産サイトで、過去に取引された事例を検索することができます。
所有する不動産と同じ地域や同じ条件の不動産の取引事例を確認することで、目安を把握することができます。

土地総合情報システム

国土交通省が過去に不動産の取引をおこなった事例をアンケートで調査した結果を閲覧することができます。
ここでは実際の土地取引の内容を参考にすることができます。

公示地価

国土交通省は、エリアごとの公示地価と呼ばれる不動産の価値を判断する数字を発表しています。
この公示地価は不動産の価値のベースとなる数値ですので、この公示地価を参照することで、不動産の価値を把握することができます。

不動産情報サイト

不動産情報はさまざまなポータルサイトで、現在売りに出されている物件を見ることができます。
不動産情報サイトに掲載されている物件は、条件を絞って検索することができますので、よく似た条件の物件価格や利便性、各種環境を調べることで、相場観を把握することができます。
このように相場観を把握することで、売却する際の金額設定の目安にしたり、値下げをどこまでできるかなどの目安にもなります。
少し手間はかかりますが、自分で不動産の相場を知ることは非常に大切です。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の査定を依頼する際のポイント

不動産売却の査定を依頼する際のポイント

価格相場を把握したあとは、実際に不動産会社に査定を依頼してみましょう。
にいがたの不動産でも、不動産売却査定を無料で承っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
では、依頼する場合にはどういった点に注意すべきでしょうか?
ここでは、買い替えで売却する際のポイントや査定依頼時のポイントをご紹介します。

買い替えの場合は同じ不動産会社に依頼する

売却と購入を同時に進めていく買い替えでは、売却と購入は同じ不動産会社に依頼するのがおすすめです。
というのも、買い替えではタイミングが非常に重要になってくるからです。
通常、売却と購入は同時進行で進めていくのが一般的ですが、売却と購入でそれぞれの手続きが必要になってきます。
住宅ローンを利用している、かつ購入時にも住宅ローンを利用する場合には金融機関などとの連絡も必要です。
さらに同時進行でおこなうためには、スケジュール管理や資金計画なども全て把握しておく必要がありますが、売却と購入を別々の不動産会社に依頼すると手間が2倍になってしまうでしょう。
そこで、どちらも同じ不動産会社に依頼することによって、手続きや段取りの負担を軽くすることができます。
売却と購入の決済日を同日に設定することで仮住まいの準備も要らないため、金銭的な負担も減らすことができるでしょう。

売却査定時の準備

依頼する不動産会社を決めたら、査定に必要な書類をそろえましょう。
不動産を購入したときの売買契約書や重要事項説明書、登記簿謄本などが重要な書類となってきます。
また、建物の仕様書や図面があれば、不動産の正確な情報が査定価格にも反映されます。
さらに、建築確認済証や検査済証、設備の取扱説明書などは決済時に買主に引き渡すことになるため、この段階で準備しておくとスムーズな取引ができるでしょう。

悩みを伝えておく

不動産の売却理由には、離婚や住宅ローンの支払いが難しいなど、さまざまな理由があるかと思います。
そういった事情や周囲に知られたくないなどの旨を事前に伝えていただくことによって、それぞれの状況に合わせた売却方法をご提案することができますので、ちょっとしたお悩みでも包み隠さず伝えていただくことが大切です。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

不動産を売却する際には、必ず相場価格を知る必要があります。
相場価格は自分でも調べつつ、不動産会社の査定を利用しましょう。
査定価格を早めに知ることで、計画的に不動産売却をおこなうことができるようになりますので、余裕を持って行動しましょう。
にいがたの不動産のホームページでは、24時間無料で不動産売却査定を依頼できますので、新潟市中央区、新潟市東区で不動産売却を検討されている方はお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120726039

営業時間
8:00~18:00
定休日
年中無休

関連記事

売却査定

お問い合わせ