不動産の売却にかかる税金の費用と種類を知りたい!

不動産の売却にかかる税金の費用と種類を知りたい!

不動産を売却したときには、さまざまな税金がかかります。
これらはいくらぐらいの費用がかかるのかご存じでしょうか。
そこでこの記事では、不動産の売却にかかる税金の費用を解説します。
新潟市中央区や東区で不動産売却をご検討中の方は、ぜひ記事を参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の際に発生する税金の種類と費用

まずは、不動産売却の際に発生する税金の種類を解説します。
代表的な種類は、下記のとおりです。

  • 仲介手数料
  • 印紙税
  • 登記費用

仲介手数料とは、不動産会社へ支払う費用のことです。
売却が成功したお礼として、売買価格に応じた費用を支払います。
印紙税とは、不動産の売買契約書に貼る印紙にかかる税金です。
これは、売買価格によって税額が異なります。
たとえば、売買価格が100万円超500万円以下の場合にかかる印紙税は1,000円です。
登記費用は、不動産の所有権移転登記をおこなう際に必要なお金です。
これは買主が負担するもので、一般的な金額は2万円から3万円とされています。
また、上記種類とは別に、必要に応じてかかる費用があります。
それは、不動産の売却時に出る廃棄物の処分費や、建物の解体費、敷地の測量費、ハウスクリーニング費などの諸費用です。
場合によっては大きなお金がかかりますが、不動産会社である「新潟空き家110番」へご相談いただければ、概算の見積りをいたします。
不動産売却においては、上記で解説した種類の費用が必要です。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時に発生する仲介手数料などの費用

先程、仲介手数料について解説しましたが、ここではさらに詳しくご説明します。
仲介手数料は、不動産会社へ支払う成功報酬のことです。
不動産の売買価格によって、報酬額は下記のとおり定められています。

  • 売買価格が200万円以下→取引額の5%以内
  • 売買価格が200万円超400万円以下→取引額の4%以内
  • 売買価格が400万円超→取引額の3%以内

なお、売買価格が400万円を超える場合は、下記の計算式で求めます。
仲介手数料=(売買価格×3%+6万円)+消費税
この他にかかる費用には、抵当権抹消費用があります。
これは、不動産にかけられた抵当権を抹消する手続きに必要な費用です。
抵当権が設定されていると、購入希望者が現れにくいので、必ず抹消手続きをおこなわなくてはなりません。
手続きは管轄の法務局へ出向き、必要な書類を提出します。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

不動産を売却する際には、仲介手数料や印紙税など必要な費用があることを覚えておきましょう。
なお、税金や節税は改正などにより変わる場合があります。
そのときの最新情報は、国税庁のホームページでお確かめください。
新潟市中央区や東区で不動産売却をご検討中でしたら、私たち「新潟空き家110番」にお任せください。
買い手が付かないのでは、と売却に踏み切れない不動産のご相談も承っております。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120726039

営業時間
8:00~18:00
定休日
年中無休

関連記事

売却査定

お問い合わせ