築40年の住宅でも売却できる?売却しにくい理由や売却方法を解説!

築40年の住宅でも売却できる?売却しにくい理由や売却方法を解説!

築40年を越える住宅は、なかなか売却できないと聞いたことがありませんか。
この記事では築40年を越える住宅の売却方法について解説しています。
新潟市中央区や東区周辺で築40年を越える住宅をお持ちの方は、ぜひ参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

築40年を越える住宅が売却しにくい理由とは?

築40年を越える住宅が売却しにくい理由として資産価値と耐震基準が挙げられます。

理由①資産価値がない

木造住宅の法定耐用年数は22年であり、築40年を越えるとほとんどの住宅に資産価値がなくなります。
住宅を資産と考えている方も多く、売却しにくいです。

理由②旧耐震基準の可能性

1981年以前を旧耐震基準、1981年以降を新耐震基準と言い、築40年を越える住宅は旧耐震基準で建てられている恐れがあります。
旧耐震基準では現在の耐震性能より劣り、買主も不安となるため売却しにくいです。

需要は上がってる?

近年では築年数にこだわらず、中古住宅の取引が盛んになっており、築40年を越える住宅の取引も増加しています。
きちんと売却方法を考えれば、売却することは可能です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

築40年を越える住宅を放置すると?

築40年を越える住宅を放置すると、活用もしていないのに固定資産税を払い続ける必要があります。
近年では空き家の放置が問題となっており、築40年を越え老朽化が進んだ住宅を放置していると、行政から特定空き家に指定される恐れがあります。
倒壊の危険性や周辺環境を著しく損なう住宅を行政が特定空き家に指定することができ、特定空き家に指定された住宅は行政が強制処分できるようになります。
とはいえ、急に強制処分されるわけではなく、指導や勧告など段階的に行政指導が入りますので、築40年を越える住宅を放置している場合は早めに対策を取りましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

築40年を越える住宅を売却する方法とは?

築40年を越える住宅を売却する方法として、以下の3点が挙げられます。

リフォームしてから売却

住宅をリフォームしてから売却する方法です。
とくに築40年を越えていると耐震性能が劣る可能性が高いので耐震改修も必要であり、1,000万円程度はリフォーム費用が必要です。

解体してから売却

住宅を解体し、更地にして売却する方法です。
築40年を越えるとリフォーム費用が莫大になりますが、解体なら100万円程度で解体できるのでリスクを抑えて売却できます。
ただし、更地にすると固定資産税が上がるので注意が必要です。

古家付き土地として売却

リフォーム費用や解体費用を掛けずに売却できる方法です。
ただし、解体時のご近所トラブルを避けたいという方もおられますので、なかなか売却できない恐れがあります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

築40年を越える住宅の売却は難しいですが、売却する方法もあります。
築40年を超える住宅を放置するとリスクが大きいので、不動産会社と相談し売却方法を検討しましょう。
新潟市中央区や東区で不動産売却をご検討中でしたら、私たち「新潟空き家110番」にお任せください。
買い手が付かないのでは、と売却に踏み切れない不動産のご相談も承っております。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120726039

営業時間
8:00~18:00
定休日
年中無休

関連記事

売却査定

お問い合わせ