にいがたの不動産 新潟市の空き家

2022-11-12

空き家

にいがたの不動産のナカムラです(-^□^-)

今回は空き家について。


新潟市の空き家は約4.4万戸だそうです。

遠方に住んでいたり、高齢であったり、管理が難しい所有者が増え続けています。



そのまま放置されている空き家も多く、
近隣の住民のみなさまからも、衛生面、治安面、景観面から
非常にお困りになっているとご連絡をいただくことがあります。

また、定期的な草刈りや清掃・換気などの管理、雪かきや除雪は、
どうしようというお悩みを抱えている方も多いと思います。

毎年固定資産税もかかってきます。

新潟市の調査では、「売却や賃貸の募集をしない理由」として、

5.4%の人が「売却や賃貸の募集をする準備や手続きが面倒なため」
7.0%の人が「誰に仲介を相談・依頼すればよいか分からない」

と回答しているということです。





にいがたの不動産では、

オーナー様の大切な不動産をどう活用すれば良いかを、
一緒に考えご提案できたらと思います。

どのようなことでもどうぞお尋ねくださいませ。




 【空き家対策特別措置法により「特定空き家」に指定されるデメリット】
(1)助言や指導により特定空き家の改善を求められる
(2)勧告により固定資産税の特例から除外される
(3)命令され違反すると罰金を科される
(4)最終的には行政代執行されてしまう






管理看板を無料で取り付けています。


管理されている事で防犯や、ご近所の方にも安心していただけると思い行っています。

では、また。

次回は何を書こうかな…。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120726039

営業時間
8:00~18:00
定休日
年中無休

売却査定

お問い合わせ